静岡大学竹林研究室Webページ

2016

  • 鈴木夏也,今田兼太,石川翔吾,加藤忠相,竹林洋一;高齢者の個性に着目した介護コミュニケーション知の構築,第7回高齢社会デザイン(ASD)研究会(2017.2.17)
  • 佐藤友哉,神谷直輝,柴田健一,石川翔吾,玉井顯,竹林洋一;マルチモーダル認知症鑑別コーパスの構築、第6回高齢社会デザイン(ASD)研究会(2016.11.12)
  • 鈴木夏也;認知症チームケアにおけるコミュニケーション知の構築に関する研究,東海地区音声関係研究室合同修士論文中間発表会(第20回)(2016.8.6)
  • 佐藤友哉;マルチモーダル認知症鑑別コーパスの構築に関する研究,東海地区音声関係研究室合同修士論文中間発表会(第20回)(2016.8.6)
  • 川崎進也;認知症情報学の深化に向けたマルチモーダルセンシング基盤に関する研究,東海地区音声関係研究室合同修士論文中間発表会(第20回)(2016.8.6)
  • 小俣敦士;認知症ケア技法のコーチング支援システムに関する研究,東海地区音声関係研究室合同修士論文中間発表会(第20回)(2016.8.6)
  • 神谷直輝,川崎進也,今田兼太,松井佑樹,石川翔吾,竹内和彦,竹林洋一;認知症ケアにおけるマルチモーダル映像解析基盤を用いたコミュニケーション状況の理解,第51回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)・第5回高齢社会デザイン合同研究発表会(ASD)(2016.8.5)
  • 石川翔吾,佐々木勇輝,伊東美緒,本田美和子,竹林洋一;認知症の人のポジティブ感情を引き出すマルチモーダルコミュニケーションの検討,2016年度人工知能学会全国大会(第30回)(2016.6.7)
  • 小俣敦士,坂根裕,本田美和子,竹林洋一;認知症ケアの実技習得を支援する遠隔指導システム,2016年度人工知能学会全国大会(第30回)(2016.6.7)
  • 川崎進也,今田兼太,神谷直輝,石川翔吾,竹林洋一;認知症ケア改善のためのマルチモーダル映像センシング解析基盤の検討,2016年度人工知能学会全国大会(第30回)(2016.6.7)
  • 鈴木夏也,柴田織江,石川翔吾,加藤忠相,竹林洋一;映像を用いたチーム介護コミュニケーション分析基盤の開発,2016年度人工知能学会全国大会(第30回)(2016.6.7)
  • 玉井顯,佐藤友哉,石川翔吾,柴田健一,上野秀樹,竹林洋一;多職種連携高度化に向けた認知症の人のマルチモーダル鑑別方式の検討,2016年度人工知能学会全国大会(第30回)(2016.6.7)

2015

  • 佐々木勇輝,小俣敦士,石川翔吾,本田美和子,伊東美緒,竹林洋一;マルチモーダル介護スキルの知識表現に基づく介護映像分析ツールの開発, 第20回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2016(2016.3.3)
  • 糟屋満里奈,神谷直輝,柴田健一,中矢暁美,近藤誠,竹林洋一;マルチモーダル観察情報を活用した介護現場の見える化に関する検討, 第20回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2016(2016.3.3)
  • 荻島彩,樋口直美,上野秀樹,竹林洋一;一人称と三人称視点に基づくレビー小体型認知症の意識障害のモデル化, 第20回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2016(2016.3.2)
  • 神谷直輝,柴田健一,近藤誠,中矢暁美,玉井顯,石川翔吾,竹林洋一;行動観察方式AOSと脳の3Dモデルを利用した認知症の人の状況提示システム,FIT2015 情報科学技術フォーラム(第14回)(2015.9.17)
  • 石川翔吾,エーニンプインアウン,坂根裕,本田美和子,伊東美緒,竹林洋一;マルチモーダル認知症ケア技法の学びを促す「技術」の見える化,高齢社会デザイン(ASD)研究会(第2回)(2015.7.27)
  • エーニンプインアウン;認知症ケアの学びを高度化する「振り返り」支援システムに関する研究,東海地区音声関係研究室合同修士論文中間発表会(第19回)(2015.7.25)
  • 石川翔吾,鈴木夏也,小俣敦士,加藤忠相,本田美和子,竹林洋一;認知症ケアの哲学-介護インタラクションの比較から-,2015年度人工知能学会全国大会(第29回)(2015.5.31)
  • 宗形初枝,原寿夫,石川翔吾,菊池拓也,エーニンプインアウン,本田美和子,盛真知子,伊藤美緒,Gineste Yves,竹林洋一;医療介護現場における認知症の人とのコミュニケーションの改善,2015年度人工知能学会全国大会(第29回)(2015.5.31)
  • 柴田健一,橋田浩一,石川翔吾;認知症ケアにおけるAOSを活用した介護スタッフと家族のための情報共有,2015年度人工知能学会全国大会(第29回)(2015.5.31)
  • 石川翔吾,鈴木夏也,小俣敦士,加藤忠相,本田美和子,竹林洋一;認知症ケアの哲学‐介護インタラクションの比較から‐,2015年度人工知能学会全国大会(第29回)(2015.5.31)
  • 竹林洋一,本田美和子,Gineste Yves;ユマニチュードの有効性と可能性,2015年度人工知能学会全国大会(第29回)(2015.5.31)

2014

  • 竹林洋一:マルチモーダルケア技法「ユマニチュード」におけるコモンセンスと情動,コモンセンス知識と情動研究会 第5回研究会(2015.3.14)
  • 鈴木夏也,菊池拓也,石川翔吾,竹林洋一;ケアゴールに基づく認知症ケア技法の比較評価の検討;インタラクション2015(2015.03.6)
  • 古屋美季,エーニンプインアウン,神谷直輝,石川翔吾,竹林洋一;Minskyの感情思考モデルに基づく認知症の人の感情ひも解きコンテンツの開発;インタラクション2015(2015.03.6)
  • 小俣敦士,石川翔吾,菊池 拓也,竹林洋一;認知症の人の行動・心理症状の理解に向けた情動表現フレームワークの開発;インタラクション2015(2015.03.6)
  • 川崎進也,柴田健一,石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一;高齢者向け住空間状況理解システム高度化のためのマルチモーダル体感分析;インタラクション2015(2015.03.5)
  • 鈴木夏也,菊池拓也,石川翔吾,竹林洋一;介護ワークフローに基づく認知症の人との多様なインタラクションの比較;第12回WiNF2014(2014.11.29)
  • 佐藤友哉,柴田健一,石川翔吾,竹林洋一;家族を対象とした対話型Web認知症検査ツール;第12回WiNF2014(2014.11.29)
  • 川崎進也,柴田健一,石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一;マルチモーダル環境センシングに基づく高齢者の体感情報の分析;第12回WiNF2014(2014.11.29)
  • 古屋美季,エーニンプインアウン,神谷直輝,石川翔吾,竹林洋一;認知症の人の心的状況の理解を支援する行動・心理症状ひもときコンテンツ;第12回WiNF2014(2014.11.29)
  • 小俣敦士,石川翔吾,菊池 拓也,竹林洋一;認知症の人の情動表現フレームワークに基づく行動・心理症状の分析;第12回WiNF2014(2014.11.29)
  • 石川翔吾,菊池 拓也,本田美和子,盛真知子,ジネストイブ,竹林洋一;認知症ケア技法ユマニチュードにおけるコミュニケーションスキルの分析;第4回コモンセンス知識と情動研究会SIG-CKE(2014.11.22)
  • 桐山伸也,川崎進也,柴田健一,石川翔吾,竹林洋一;住空間体感状況理解に基づく高齢者向け空調サービス;第4回コモンセンス知識と情動研究会SIG-CKE(2014.11.22)
  • 石川翔吾,竹林洋一:行動観察Webシステムの開発-高齢者ケア技法ユマニチュードの子ども研究への適応-,第11回 子ども学会議(2014.9.27-28)
  • 柴田健一,佐藤友哉,石川翔吾,玉井 顯,桐山伸也,竹林洋一:認知症の人の脳機能検査における高齢者向けペン入力インタフェース,ヒューマンインタフェースシンポジウム2014,2534D(2014.9.11)
  • 石川翔吾,柴田健一,神谷直輝,エーニンプインアウン,田中とも江,上野秀樹,竹林洋一:認知症ケア高度化のための顔が見える知識映像コンテンツの構築,ITヘルスケア学会第8回年次学術大会,pp.126-129 (2014.05.25)
  • 菊池 拓也,石川翔吾,本田美和子,盛真知子,尾藤誠司,ジネストイブ,上野秀樹,竹林洋一;人の尊厳を基軸にした「ユマニチュード」のコミュニケーション技法の分析と評価;第28回人工知能学会全国大会(2014.5.13)
  • 柴田健一,石川翔吾,松村菜穂美,井関秀典,玉井顕,上野秀樹,竹林洋一;多職種連携による認知症ケア高度化のためのマルチモーダル評価ツール;第28回人工知能学会全国大会(2014.5.13)
  • 田中とも江,エーニンプィンアゥン,神谷直輝,石川翔吾;ネットワーク型知識映像コンテンツによる排泄ケアと身体拘束の関連付け;第28回人工知能学会全国大会(2014.5.13)
  • 石川翔吾,竹林洋一;認知症の人の情動理解のためのマルチモーダル行動記述フレームワーク;第28回人工知能学会全国大会(2014.5.13)
  • 上野秀樹,山本昇平,石川翔吾,竹林洋一;内服薬の影響を考慮した認知症コーパスの開発とケアマネジメントへの応用;第28回人工知能学会全国大会(2014.5.13)
  • 竹林洋一,上野秀樹;多様な認知症の人をアシストする新たなインタラクション環境とコミュニティの実現に向けて;第28回人工知能学会全国大会(2014.5.13)

2013

  • 瀬戸淳也,坂根裕,竹林洋一;マルチモーダルセンサ情報を利用した遠隔指導システムにおける効率的な通信品質制御のための指導状況モデルの構築,情報処理学会第76回全国大会(2014.3.13)
  • AYE HNIN PWINT AUNG 江口あい, 鈴木邦久, 井熊正夫, 倉藤博文, 栗原雅也, 太田好治, 竹林洋一;対話型博物館映像コンテンツの市民学芸員との共創,第11回情報学ワークショップ(WiNF2013)(2013.11.30)
  • AYE HNIN PWINT AUNG, 神谷直輝, 石川翔吾, 上野秀樹, 竹林洋一;感情モデルに基づく認知症の行動・心理症状のひも解き,人工知能学会共同研究会 コモンセンス知識と情動研究会2013(2013.10.26)
  • 石川翔吾,神谷直輝,エーニンプィンアゥン,柴田健一,田中とも江,上野秀樹,桐山伸也,竹林洋一;多様なユーザの要求に応える認知症知識コンテンツの共創,ヒューマンインタフェースシンポジウム2013(2013.9.12)
  • 山本昇平,石川翔吾,上野秀樹,竹林洋一;認知症ケア高度化のためのせん妄状態の分析とコーパスの設計,ヒューマンインタフェースシンポジウム2013(2013.9.12)
  • 柴田健一,石川翔吾,井関秀典,玉井顕,桐山伸也,竹林洋一;認知症の人の状況理解深化に向けた情報ツールの開発,ヒューマンインタフェースシンポジウム2013(2013.9.12)
  • AYE HNIN PWINT AUNG,神谷直輝,柴田健一,石川翔吾,田中とも江,上野秀樹,竹林洋一;認知症の人のQOLを高める排泄ケア知識コンテンツ,ヒューマンインタフェースシンポジウム2013(2013.9.12)
  • 桐山 伸也,石川 翔吾,柴田 健一, 池谷 謙吾, 小川 慧, 温品 治信, 竹林 洋一;マルチモーダル体感情報理解に基づく高齢者向け空調サービス,ヒューマンインタフェースシンポジウム2013(2013.9.12)
  • 藤田真浩,石川翔吾,柴田健一,上野秀樹,竹林洋一;医療・介護現場支援に向けたせん妄コーパスの構築,2013年度人工知能学会全国大会(第27回)(2013.6.7)
  • 竹林洋一,上野秀樹;認知症の人の情動理解基盤技術とコミュニケーション支援への応用,2013年度人工知能学会全国大会(第27回)(2013.6.6)
  • 柴田健一,長尾貴正,玉井顕,井関秀典,石川翔吾,竹林洋一;脳機能評価バッテリーに基づく認知症検査システムの開発,2013年度人工知能学会全国大会(第27回)(2013.6.5)

2012

  • 石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一;子どもの発達理解と子育ち支援-マルチモーダル行動発達事典の構築と利用-,知識・技術・技能の伝承支援研究会 SIG-KST(2013.3.4)
  • 出口祐輝,石川翔吾,竹林洋一;マルチモーダルセンサ情報活用のための検索クエリと可視化フレームワーク,インタラクション2013(2013.2.28)
  • 池谷謙吾,小川 慧,神谷直輝,柴田健一,石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一;インドアコモンセンスに基づく高齢者のマルチモーダル体感情報理解,第3回対話システムシンポジウム,Vol.2013-HCI-151 No.16(2013.2.2)
  • 藤田真浩,長尾貴正,上野秀樹,玉井 顯,石川翔吾,竹林洋一;認知症の人の行動・心理症状を理解するための経験拡張行動シミュレータの実現に向けて,HCGシンポジウム2012(2012.12.10)
  • 石川翔吾,菊池拓也,長尾貴正,藤田真浩,柴田健一,竹林洋一;子どもの発達と高齢者の加齢の対比 -感情の観点から-,日本子ども学会 第9回子ども学会議学術集会(2012.10.20)
  • 出口祐輝;情報システム設計のためのマルチモーダルセンシング基盤に関する研究,第16回 東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会(2012.8.4)
  • 髙桑 慧;病院間での医療画像相互運用のためのメッセージ変換プロキシに関する研究,第16回 東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会(2012.8.4)
  • 小川 慧;高齢者の状況理解のためのインドアコモンセンスの構築と利用に関する研究,第16回 東海地区音声関連研究室修士論文中間発表会(2012.8.4)
  • 長尾貴正,瀬戸淳也,石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一;子ども発達研究のためのマルチモーダル映像記述フレームワーク,2012年度 人工知能学会全国大会(第26回)(2012.6.14)
  • 藤田真浩,長尾貴正,石川翔吾,竹林洋一;Minskyの思考モデルにおけるスーツケースワードの可視化に関する検討,2012年度 人工知能学会全国大会(第26回)(2012.6.13)
  • 石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一; 高齢者の退化理解のためのマルチモーダル行動コーパスの利用,2012年度 人工知能学会全国大会(第26回)(2012.6.13)
  • 長尾貴正,瀬戸淳也,石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一;子育てにおける思い込みを客観化する知識映像コンテンツ,インタラクション2012(2012.3.17)
  • 小幡喜一,江口あい,エーニン プインアウン,袴田彩子,太田好治,栗原雅也,竹林洋一;広がる博物館:学芸員と来館者のインタラクションによるコンテンツの深化・成長,インタラクション2012(2012.3.17)
  • 石川翔吾,桐山伸也,北澤茂良,竹林洋一;段階的インタラクション記述に基づく子どもの三項関係の発達分析の深化,インタラクション2012(2012.3.16)
  • 小川 慧,神谷直輝,池谷謙吾,出口祐輝,柴田健一,桐山伸也,温品治信,竹林洋一;高齢者の生活動作モデルを用いた空間調和サービス,インタラクション2012(2012.3.15)
  • 髙桑 慧,鈴木敦志,岡田昌也,坂根 裕;異種医療機器間の接続支援のための効率的なメッセージ変換システム,情報処理学会 第74回全国大会(2012.3.7)
  • PWINT AUNG AYE HNIN,江口あい,袴田彩子,太田好治,竹林洋一;対話型映像コンテンツ配信における視聴者閲覧履歴の利用に関する検討,情報処理学会 第74回全国大会(2012.3.7)

2011

  • 太田好治,栗原雅也,袴田彩子,小幡喜一,江口あい,神谷直輝,竹林洋一;広がる博物館の実現に向けて:学芸員と市民の対話で成長する映像メディアの利用,WiNF2011(2011.11.25)
  • コッシオ アレクサンダー, 桐山伸也, 竹林洋一;The social interaction model of foreign language acquisition,WiNF2011(2011.11.25)
  • 石川翔吾,竹林洋一,桐山伸也;子どもの発達支援のためのマルチモーダル行動発達事典の構築,第8回子ども学会議学術集会(2011.10.1)
  • 長尾貴正,江口あい,石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一;子育ての思い込みを客観化する発達解説コンテンツ,第8回子ども学会議学術集会(2011.10.1)
  • 江口あい,長尾貴正,堀井裕美,石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一;Web映像事例を活用した子育ち支援コーチングコンテンツの構築,第8回子ども学会議学術集会(2011.10.1)
  • 堀井裕美,瀬戸淳也,石川翔吾,竹林洋一,桐山伸也;多チャンネル映像を用いた子ども発達理解における行動特徴の発見に関する検討,第8回子ども学会議学術集会(2011.10.1)
  • 髙桑 慧,長尾貴正、鈴木敦志、岡田昌也、坂根 裕;医療機器相互接続のための効率的なメッセージ変換プロキシの設計,平成23年度電気関係学会 東海支部連合大会(2011.9.27)
  • コッシオ アレクサンダー,桐山伸也,竹林洋一;外国語習得における動機付けに関する検討,平成23年度電気関係学会 東海支部連合大会(2011.9.27)
  • 小幡喜一,江口あい,袴田彩子,太田好治,栗原雅也,竹林洋一;博物館の来場者と学芸員との質問応答を通じて成長するWeb映像コンテンツの開発,平成23年度電気関係学会 東海支部連合大会(2011.9.26)
  • 池谷謙吾, 柴田健一, 竹林洋一, 北澤茂良, 桐山伸也:住空間音環境コーパスを活用した適応型音声インタフェースデザイン,情報処理学会研究報告. SLP,87(17),pp.1-6, (2011.7.14)
  • 桐山伸也,柴田健一,出口祐輝,家田健太郎,岡田昌也,立蔵洋介,北澤茂良,竹林洋一;住空間音環境チューニングシステムの音声インタフェース;-池谷謙吾, 柴田健一, 竹林洋一, 北澤茂良, 桐山伸也:住空間音環境コーパスを活用した適応型音声インタフェースデザイン,情報処理学会研究報告. SLP,87(17),pp.1-6, (2011.7.14)
  • 桐山伸也,柴田健一,出口祐輝,竹林洋一,北澤茂良;住空間における話者と環境の柔軟なインタラクションシステム;インタラクション 2011(2011.3.11)
  • 高林竜一,石川翔吾,桐山伸也,北澤茂良,竹林洋一;子育て方針に応じた社会性発達解説コンテンツの構築;インタラクション 2011(2011.3.11)
  • 柴田健一,池谷謙吾,出口祐輝,北澤茂良,竹林洋一,桐山伸也;住空間サービス提供のための適応型インタラクションシステム,ヒューマンインタフェース2011(2011.9.14)
  • 瀬戸淳也,河合佑樹,石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一;子どもの発達理解のための段階的意見集約方法における行動記述,ヒューマンインタフェース2011(2011.9.16)
  • 小川 慧,坂根 裕,秡川友宏,竹林洋一;スライド原稿と予測変換を活用した少人数文字通訳ツールの実現,第59回 福祉情報工学研究会(2011.8.4)

2010

  • 西尾典洋,神谷直輝,出口祐輝,安次富寛一,岡田昌也,竹林洋一;マルチカメラ番組制作における初心者の認知的負荷軽減に関する検討;日本教育工学会第26回全国大会(2010.9.19)
  • 桐山伸也,立蔵洋介,柴田健一,岡田昌也,北澤茂良,竹林洋一;音環境コーパスの利用による音声インタフェースの高度化;日本音響学会2010年秋季研究発表会(2010.9.16)
  • Alexander Cossio, Kato Yoshitarou, Shogo Ishikawa, Shinya Kiriyama, Yoichi Takebayashi: An analysis of differences among labelers in emotion labels on speech behavior corpus;日本音響学会2010年秋季研究発表会(2010.9.15)
  • 岡田昌也,竹林洋一;実体験を通した環境に関する知識獲得の支援;2010年度人工知能学会全国大会第24回(2010.6.11)
  • 奥野哲也,久嶋菜摘,坂根 裕,竹林洋一;スポーツシミュレータによるコモンセンス知の発掘手法;2010年度人工知能学会全国大会第24回(2010.6.11)
  • 西尾典洋,出口祐輝,杉山岳弘,竹林洋一;番組制作知を考慮したマルチカメラ撮影支援;2010年度人工知能学会全国大会第24回(2010.6.11)
  • 江口あい,河合真由美,桐山伸也,竹林洋一:子育て力向上のための知識映像コンテンツの構築,日本赤ちゃん学会,第10回学術集会(2010.6.12)
  • 竹林洋一,北澤茂良,堀内裕晃,杉山岳弘,秡川友宏,桐山伸也,岡田昌也:マルチモーダル行動発達事典に基づく赤ちゃん学研究,日本赤ちゃん学会,第10回学術集会(2010.6.12)
  • 桐山伸也,石川翔吾,加藤芳太郎,北澤茂良,竹林洋一:感情の時系列変化に着目した幼児の行動思考分析,日本赤ちゃん学会,第10回学術集会(2010.6.12)
  • 本間永愛,柴田健一,桐山伸也,秡川友宏,竹林洋一;利用者環境に即したナビゲート機能を持つ住空間音声インタフェースの検討;電子情報通信学会2010年総合大会(2010.3.18)
  • 榛葉智紀,石川翔吾,桐山伸也,北澤茂良,竹林洋一;子どもへの接し方コンテンツ制作のための幼児教室行動事例データベースの構築;情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会(2010.3.11)
  • 久嶋菜摘,奥野哲也,坂根 裕,竹林洋一;テニス選手の戦略・戦術思考を可視化するスポーツシミュレータの開発;情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会(2010.3.11)
  • 江口あい,石川翔吾,大谷尚史,桐山伸也,杉山岳弘,北澤茂良,竹林洋一;子育て支援のための知識映像コンテンツの構築と評価;情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会(2010.3.11)
  • 桐山伸也,川﨑壮太,北澤茂良,竹林洋一;模倣シーンのマルチモーダル縦断観察による音声言語発達分析;日本音響学会 2010春季研究発表会(2010.3.10)
  • 桐山伸也,石川翔吾,加藤芳太郎,北澤茂良,竹林洋一;感情ラベルの時系列分析に基づく人間行動理解コンテンツの検討;日本音響学会 2010春季研究発表会(2010.3.10)
  • 加藤芳太郎,石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一;行動事例に基づく育児支援コンテンツ制作への感情ラベル系列の利用;情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会(2010.3.10)
  • 高林竜一,石川翔吾,桐山伸也,北澤茂良,竹林洋一;子供の社会的行動理解のための発達段階別行動シミュレータの検討;情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会(2010.3.9)
  • 石川翔吾,桐山伸也,大谷尚史,坂根 裕,杉山岳弘,北澤茂良,竹林洋一;多視点コンテンツによるコーチングを機軸とした子育て支援システム;インタダクション2010(2010.3.1)

2009

  • 川崎壮太,桐山伸也,竹林洋一,北澤茂良;音声行動コーパスに基づく模倣場面に注目した音声言語獲得過程分析;電子情報通信学会・日本音響学会 音声研究会 (SP), (2009.11.27)
  • 黒木孝志,河合佑樹,坂根 裕,竹林洋一;多視点映像からソフトウェア構造を抽出するためのアノテーション入力支援;電子情報通信学会 第二種研究会資料 2009 pp48-52(2009.10.23)
  • 奥野哲也,久嶋菜摘,坂根 裕,竹林洋一;人間的思考モデルを実現するための主観の思考プログラミング環境;電子情報通信学会 第二種研究会資料 2009 pp67-72(2009.10.23)
  • 河合佑樹,黒木孝志,坂根 裕,竹林洋一;自由記述意見の段階的統合による意見集約サービスの提案;電子情報通信学会 第二種研究会資料 2009 pp59-60(2009.10.23)
  • 河合佑樹,黒木孝志,坂根 裕,竹林洋一;自由記述意見の段階的統合による意見 集約サービスの提案;第16回Webインテリジェンスとインタラクション研究会  (2009.10.23)
  • 石川翔吾,桐山伸也,竹林洋一,北澤茂良;音声行動コーパスに基づく指示語発話のマルチモーダル分析;日本音響学会 2009年秋季研究発表会(2009.9.16)
  • 川﨑壮太,桐山伸也,竹林洋一,北澤茂良;幼児行動コーパスによる模倣場面に着目した音声言語獲得過程分析;日本音響学会 2009年秋季研究発表会(2009.9.16)
  • 高林竜一,石川翔吾,桐山伸也,北澤茂良,竹林洋一;育児支援のための取り合い場面における幼児の社会行動モデルの検討;第8回 情報科学技術フォーラム(2009.9.2)
  • 西尾典洋,出口祐輝,内山吉彦,杉山岳弘,竹林洋一;リアルタイム映像コンテンツ制作における初心者向けマルチカメラワーク支援;第34回 教育システム情報学会全国大会(2009.8.20)
  • 黒木孝志,坂根 裕,竹林洋一;多視点映像へのアノテーション記述に基づく段階的クラス設計とインスタンス記述フレームワーク;第34回 教育システム情報学会全国大会(2009.8.20)
  • 坂根 裕,奥野哲也,久嶋菜摘,竹林洋一;スポーツ学習支援のためのプレイヤー主観の思考プログラミング環境;第34回 教育システム情報学会全国大会 pp.224-225(2009.8.20)
  • 石川翔吾,榛葉智紀,桐山伸也,北澤茂良,竹林洋一;物の取り合いに着目した幼児の行動理解コンテンツの検討;第34回 教育システム情報学会全国大会(2009.8.20)
  • 榛葉智紀,石川翔吾,桐山伸也,北澤茂良,竹林洋一;育児支援教材デザインのための幼児教室行動コーパスの構築;第34回 教育システム情報学会全国大会(2009.8.19)
  • 河合佑樹,黒木孝志,久嶋菜摘,坂根 裕,竹林洋一;球技プレイヤーの映像 評価に基づくWebコーチング支援の検討;2009年度人工知能学会全国大会 3A2-1 (2009.6.19)
  • 榛葉智紀,桐山伸也,竹林洋一,北澤茂良;幼児教室運営支援のための教材 コーパスの構築;2009年度人工知能学会全国大会 2A2-3 (2009.6.18)
  • 石川翔吾,大谷尚史,桐山伸也,竹林洋一,北澤茂良;心的発達分析に基づく 指示表現モデルの構築;2009年度人工知能学会全国大会 1A1-1 (2009.6.17)
  • 本間永愛,石川翔吾,桐山伸也,秡川友宏,竹林洋一;住空間における音声イ ンタフェイスの利用者環境適応の検討;2009年度人工知能学会全国大会 1I1-3 (2009.6.17)
  • 川崎壮太,桐山伸也,竹林洋一,北澤茂良;マルチモーダル音声行動コーパス を用いた音声言語獲得過程分析;2009年度人工知能学会全国大会 1I1- 2 (2009.6.17)
  • 青島大悟,鈴木敦志,坂根 裕,大関 毅,吉村 仁,竹林洋一;医療情報機 器接続検証におけるテスト工程の可視化;2009年度人工知能学会全国大会  1C2-3(2009.6.17)
  • 桐山伸也,石川翔吾,大谷尚史,北澤茂良,竹林洋一;感情行動コーパスの育 児支援コンテンツ制作への応用;2009年度人工知能学会全国大会 1B3- 2 (2009.6.17)
  • 西尾典洋,内山吉彦,深沢佑樹,杉山岳弘,竹林洋一;少人数型スタジオにお けるスイッチャーを中心としたマルチカメラ撮影支援システム;2009年度人工知 能学会全国大会 1A3-2(2009.6.17)
  • 石川翔吾,高林竜一,大谷尚史,桐山伸也,竹林洋一,北澤茂良;マルチモーダル幼児行動分析による物を介したインタラクション行動モデルの構築;電子情報通信学会 ヒューマン情報処理研究会(2009.5.15)

2008

  • 桐山伸也, 仲川 淳, 永富翔, 竹林洋一, 北澤茂良: 感情ラベルを付与した音声行動コーパス, 日本音響学会2008年春季研究発表会, 1-11-1,(2008.3).
  • 山本 剛, 桐山伸也, 竹林洋一, 北澤茂良: 音声行動コーパス構築における主観の客観化プロセス, 日本音響学会2008年春季研究発表会, 1-11-2,(2008.3).
  • 笠見朋彦, 桐山伸也, 竹林洋一, 北澤茂良: 意図に着目した行動発達観察における音声行動コーパスの利用, 日本音響学会2008年春季研究発表会, 1-11-3,(2008.3).
  • 石川翔吾, 堀内裕晃, 桐山伸也, 竹林洋一, 北澤茂良: 音声行動コーパスを活用した所有の意図の発達観察, 日本音響学会2008年春季研究発表会, 1-11-4,(2008.3).
  • 大谷尚史, 桐山伸也, 竹林洋一, 北澤茂良: マルチモーダル行動記述ツールによる音声行動アノテーション, 日本音響学会2008年春季研究発表会, 2-4-12,(2008.3).
  • 川崎壮太, 桐山伸也, 竹林洋一, 北澤茂良: 音声行動コーパスを活用した音韻獲得過程の観察, 日本音響学会2008年春季研究発表会, 2-4-13,(2008.3).
  • 榛葉智紀, 川口紗季, 坂根信一, 桐山伸也, 竹林洋一, 北澤茂良: 幼児向け教材制作への音声行動コーパスの利用, 日本音響学会2008年春季研究発表会, 2-4-14,(2008.3).
  • 鈴木敦志, 望月研吾, 桐山伸也, 竹林洋一: ブリッジ業務支援のための音声行動コーパス, 日本音響学会2008年春季研究発表会, 2-4-15,(2008.3).
  • 青島大悟, 鈴木敦志, 桐山伸也, 杉山岳弘, 竹林洋一: マルチモーダルセンシングによるブリッジ業務分析システムの開発, 人工知能学会第22回全国大会, 3D3-8 (2008.6.13)
  • 鈴木敦志, 青島大悟, 大谷尚史, 桐山伸也, 杉山岳弘, 竹林洋一: 操船中の船員の音声行動コーパスの構築とコモンセンス知識の獲得, 人工知能学会第22回全国大会, 3F3-2 (2008.6.13)
  • 桐山伸也, 大谷尚史, Ruuska Heikki, 竹林洋一:音声行動コーパスに基づく多層常識推論モデルの構築, 人工知能学会第22回全国大会, 3F3-06 (2008.6.13)
  • 大谷尚史, 石川翔吾, 桐山伸也, 北澤茂良, 竹林洋一:多層思考モデル構築のためのマルチモーダル音声分析システム, 日本音響学会 2008年秋季研究発表会, 1-1-26, pp.61-62 (2008,9)
  • 桐山伸也,鈴木敦志, 青島大悟, 本間永愛,竹林洋一:安全航行のための船員の音声コミュニケーション分析, 日本音響学会 2008年秋季研究発表会, 1-1-22, pp.53-54 (2008,9)
  • 桐山伸也, 大谷尚史, 石川翔吾, 北澤茂良, 竹林洋一:音声行動コーパスの感情ラベリングによる行動分析, 日本音響学会 2008年秋季研究発表会, 1-4-10, pp.257-258 (2008,9)
  • 山本晶子, 大谷尚史, 桐山伸也, 竹林洋一: 育児支援のための親子コミュニケーションコーパスのデザイン, 電子情報通信学会2009総合大会, A-15-37, (2009,3)
  • 鈴木敦志, 青島大悟, 坂根 裕, 吉村仁, 竹林洋一: 医療情報機器の大規模接続性検証のためのトランザクション記録・解析システム, 電子通信情報学会 2009年総合大会, D-6-15(2009/3.19)
  • 内山吉彦,深沢佑樹,西尾典洋,杉山岳弘,竹林洋一:番組進行に基づいたマルチカメラ撮影システムの提案, D-13-1 (2009.3)
  • 深沢佑樹, 内山吉彦,西尾典洋,杉山岳弘,竹林洋一:スイッチャー業務分析に基づいた適応型映像スイッチング支援, 電子通信情報学会 2009年総合大会, D-8-19 (2009.3)

2007

  • 桐山伸也, 笠見朋彦, 石川翔吾, 竹林洋一, 北澤茂良:マルチモーダル幼児行動コーパスを用いた発話行動の発達過程分析, 日本音響学会2007年秋季研究発表会, 2-8-3, (2007.9).
  • 仲川 淳, 大谷尚史, 桐山伸也, 竹林洋一: 幼児の行動コーパスを用いた類似シーン検索に関する検討,ヒューマンインタフェースシンポジウム2007, pp.345-348, 1413 (2007.9.).
  • 福島尚典, 仲川 淳, 石川翔吾,大谷尚史, 山本 剛, 桐山伸也, 竹林洋一:幼児行動コーパスを用いた問題解決能力の獲得の検討, FIT2007, pp.465-466, J-035 (2007, 9).
  • 大谷尚史, 山本 剛, 仲川 淳, Heikki Ruuska, 桐山伸也, 坂根 裕, 竹林洋一: 幼児行動観察からのコモンセンス知識抽出の検討, 人工知能学会第21回全国大会, 1F2-1 (2007.6).
  • 竹林洋一: Emotion Machine としての幼児の思考の発達, 人工知能学会第21回全国大会, 1F2-10 (2007.6).
  • 石川翔吾, 桐山伸也, 北澤茂良, 竹林洋一: 幼児の発話行動観察に基づく心的状況記述モデルの検討 , 人工知能学会第21回全国大会, 1F2-8 (2007.6).
  • 川口紗季, 山下恭子, 坂根信一, 坂根 裕: 子供の成長記録に基づく親子共学に向けた育児支援コンテンツ, 人工知能学会第21回全国大会, 1F2-9 (2007.6).
  • 渡辺有果子, 竹林洋一, 杉山岳弘: 博物館の現場において多面的に楽器の知識を獲得できる知識映像コンテンツのデザイン, 人工知能学会第21回全国大会, 3F5-1 (2007.6).
  • 西尾典洋, 山本晶子, 内山佳菜子, 押野 育, 桐山伸也, 坂根 裕, 渡邉光章, 杉山岳弘, 竹林洋一: 快走支援のための知識映像情報の編集・配信システムの検討, 人工知能学会第21回全国大会, 3F5-2 (2007.6).
  • 内山吉彦, 山本 剛, 坂根 裕, 杉山岳弘, 竹林洋一: 適応型カメラワークを用いたスタジオ内映像コンテンツ制作支援, 人工知能学会第21回全国大会, 3F5-3 (2007.6).
  • 黒木孝志, 沖野圭希, 秡川友宏, 坂根 裕, 渡邉光章, 南 正名, 竹林洋一: マルチウィンドウを用いた車両周辺情報の動的提示による安全運転支援, 人工知能学会第21回全国大会, 3B6-4 (2007.6).
  • 岡本知晃, 桐山伸也, 川上福司, 竹林洋一, 北澤茂良: 車外音を活用した快走支援音響コンテンツの作成, 電子情報通信学会2007年総合大会, 予稿集CD-ROM, A-10-11(2007.3)
  • 内山佳菜子, 桐山伸也, 北澤茂良, 竹林洋一: 車内発話の音声認識による快走支援コンテンツ制作システム, 電子情報通信学会2007年総合大会, 予稿集CD-ROM, A-17-2(2007.3)
  • 西尾典洋, 押野 育, 坂根 裕, 杉山岳弘, 竹林洋一;ドライブの計画作成を支援する知識映像コンテンツのデザインに関する検討, 電子情報通信学会2007年総合大会, 予稿集CD-ROM, p.342, A-17-1(2007.3).
  • 渡辺有果子, 竹林洋一, 杉山岳弘;楽器を多面的に学ぶための知識映像コンテンツのデザイン, 電子情報通信学会2007年総合大会, D-15-20(2007.3).
  • 押野 育, 竹林洋一, 杉山岳弘;義太夫節の保存と伝承をめざした知識映像コンテンツのデザイン, 電子情報通信学会2007年総合大会, D-15-21(2007.3).
  • 山本紗知衣, 秡川友宏, 坂根 裕, 竹林洋一: ユーザに適応するユニバーサルコンテンツ視聴システムの検討, 電子情報通信学会2007年総合大会, 総合大会講演論文集, 予稿集CD-ROM, p.376, A-19-11(2007.3).
  • 山本晶子, 西尾典洋, 坂根 裕, 杉山岳弘, 竹林洋一: 車両向けマルチモーダルコンテンツ配信に関する検討, 電子情報通信学会2007年総合大会, 情報・システムソサエティ総合大会特別号, p.27, ISS-P-09 (2007.3).
  • 桐山伸也, 竹林洋一, 石川翔吾, 辻亮, 笠見朋彦, 北澤茂良: マルチモーダル幼児行動収録観察環境を利用した幼児発話分析, 日本音響学会2007年春季研究発表会, 2-9-12(2007.3.14).
  • 竹林洋一, 桐山伸也, 坂根信一, 坂根 裕, 大谷尚史, 山本 剛, 石川 翔吾, 川口紗季, 辻亮, 仲川淳, 笠見朋彦, 北澤茂良: 幼児のコモンセンス知識抽出のためのマルチモーダル幼児行動収録観察環境の構築, 日本音響学会2007年春季研究発表会, 2-9-11(2007.3).

2006

  • 竹林洋一: 音響信号処理に関する研究, 博士学位論文の要旨及び審査結果の要旨, pp.339-343 (2006.12.15).
  • 竹林洋一: 機能集積イメージングデバイス開発, オプトロニクスはままつ産学官連携フォーラム2006, (2006.11).
  • 仲川 淳, 山本 剛, 大谷尚史, 坂根 裕, 桐山伸也, 竹林洋一: 幼児の発達過程観察のためのマルチモーダル幼児行動コーパス, FIT2006, 第3分冊 pp.403-404, K-015 (2006.9).
  • 福井一恭, 杉山岳弘, 竹林洋一:サービスサイエンスの観点から見た先端技術教育の検討, FIT2006, pp.361-362, N-019 (2006.9).
  • 鈴木敦志, 仲川淳, 米田幸裕, 桐山伸也, 秡川友宏, 竹林洋一: 教材としての実用福祉機器の製作, 電子情報通信学会技術研究報告, WIT2006-28, Vol.30, No.36 (2006.7).
  • 山本剛, 仲川淳, 坂根裕, 坂根信一, 桐山伸也, 竹林洋一: マルチモーダル情報を利用した幼児の行動観察の検討, 人工知能学会第20回全国大会, 予稿集CD-ROM, 1C2-1 (2006.6).
  • 杉山岳弘, 牧秀光, 荒井雄一, 竹林洋一, “知識映像コンテンツ制作システムを基軸とするバイク快走支援”, 人工知能学会第20回全国大会, 予稿集CD-ROM, 1G2-4(2006.6).
  • 白井淳代, 川口紗季, 坂根裕, 坂根信一, 竹林洋一: 幼児教室におけるプライバシー重視の情報環境デザイン, 人工知能学会第20回全国大会, 予稿集CD-ROM, 2G2-06(2006.6).
  • 黒木孝志, 沖野圭希, 大谷尚史, 坂根裕, 杉山岳弘, 竹林洋一: 快走支援のためのマルチモーダルドライビングコモンセンス, 人工知能学会第20回全国大会, 予稿集CD-ROM, 2B2-1(2006.6).
  • 大竹康太, 竹林洋一, 桐山伸也, 堀内裕晃: 英語コミュニケーションスキルの向上を目的としたマルチモーダル知識コンテンツの拡充, 人工知能学会第20回全国大会, 予稿集CD-ROM, 2G1-2 (2006.6).
  • 石川翔吾, 當眞沙織, 桐山伸也, 堀内裕晃, 竹林洋一, 北澤茂良: 情報のなわ張り理論に基づく幼児学習環境での行動観察, 人工知能学会第20回全国大会, 予稿集CD-ROM, 3C3-04 (2006.6).
  • 笠見朋彦, 辻亮, 桐山伸也, 堀内裕晃, 竹林洋一, 北澤茂良: 幼児発話の分析に基づく言語表現スキル習得過程の観察, 人工知能学会第20回全国大会, 予稿集CD-ROM, 1C2-02 (2006.6).
  • 岡本知晃, 桐山伸也, 川上福司, 竹林洋一, 北澤茂良: コンテンツ作成とコミュニケーション支援を目的とした車外音収録, 人工知能学会第20回全国大会, 予稿集CD-ROM, 3G3-01 (2006.6).
  • 星合 厚, 鈴木 敦志, 藤城 卓己, 坂根 裕, 秡川 友宏, 竹林 洋一: あるタンデムの想い出: BGM演奏による速度感の演出, 情報処理学会インタラクション2006, pp.xx-xx インタラクティブ発表 (2006.3).
  • 石川翔吾, 辻亮, 岡本知晃, 桐山伸也, 竹林洋一, 北澤茂良, 川上福司: 極小空間の残響測定・評価に関する基礎的検討, 日本音響学会2006年春季研究発表会, 2-10-8, pp.825-826 (2006.3).
  • 岡本知晃, 辻亮, 石川翔吾, 桐山伸也, 竹林洋一, 北澤茂良, 川上福司: 車室内音場境界に関する総合音響透過損失の測定, 日本音響学会2006年春季研究発表会, 3-10-15, pp.859-860 (2006.3).
  • 辻亮, 石川翔吾, 岡本知晃, 桐山伸也, 竹林洋一, 北澤茂良, 川上福司: 車室内空間に対する残響時間と総合透過損失の評価, 日本音響学会建築音響研究会資料, AA2006-5, pp.1-8 (2006.2).
  • 坂根裕, 采泰臣, 山本剛, 秡川友宏, 竹林洋一: 環境に応じた複数の運用形態を実現する手頃な情報保障ツールの提案, 情報処理学会研究報告, Vol.2006, No.14, pp.1-5 (2006.2).

2005

  • 竹林洋一, 坂根 裕, 秡川友宏, 杉山岳弘, 田森裕邦, 荒井雄一, 沖野圭希, 大谷尚史, 山本剛, 青島大悟, 黒木孝志;快走支援のためのマルチモーダルインタフェースとサラウンド感覚の拡張, 第9回ユビキタスコンピューティング研究会, 12 (2005.11).
  • 竹林洋一, 坂根 裕, 秡川友宏, 杉山岳弘, 田森裕邦, 荒井雄一, 沖野圭希, 大谷尚史, 山本剛, 青島大悟, 黒木孝志: 快走支援のためのマルチモーダルインタフェースとサラウンド感覚の拡張, ITE Technical Report, Vol.29, No.63, pp.45-48, CE2005-84 (2005.11).
  • 大竹康太, 大谷尚史, 川口紗季, 坂根裕, 桐山伸也, 竹林洋一: 幼児行動コーパスの構築に関する検討, F!T2005, 第2分冊 pp.129-130 (2005.9).
  • 加藤寛, 青島大悟, 藤城卓己, 坂根裕, 竹林洋一: 映像情報の動的構造化とストリーミング配信に関する検討, F!T2005, pp.427-428 (2005.9).
  • 川口紗季, 大竹康太, 山本剛, 石川翔吾, 桐山伸也, 坂根信一, 坂根裕, 竹林洋一:親子共学環境の実現に向けたマルチモーダル知識オーサリングシステム, 人工知能学会第19回全国大会, 3D2-03(2005.6).
  • 沖野圭希, 黒木孝志, 田森裕邦, 大谷尚史, 坂根 裕, 秡川友宏, 竹林洋一:サラウンド感覚の拡張によるクルージングアシスト, 人工知能学会第19回全国大会, 1D2-01(2005.6).
  • 坂根 裕, 黒木孝志, 青島大悟, 安念克洋, 采 泰臣, 大谷尚史, 杉山岳弘, 竹林洋一;サラウンド感覚の付与による快走支援機能の開発, 情報処理学会第67回全国大会, 4H-1, pp.35-36 (2005.3).
  • 杉山岳弘, 荒井雄一, 白井正博, 山本 剛, 坂根 裕, 竹林洋一;車載用イメージセンサを基軸とするマルチモーダルコンテンツの応用, 情報処理学会第67回全国大会, 4H-2, pp.37-38(2005.3).
  • 田森裕邦, 藤城卓己, 坂根 裕, 竹林洋一: 車載用イメージングセンサを用いたマルチモーダルクルージングアシスト, 情報処理学会第67回全国大会, 6X-1 (2005.3).
  • 川口紗季, 坂根信一, 坂根 裕, 竹林洋一: 親子のコミュニケーションを促進する幼児教育の一検討, 情報処理学会第67回全国大会, 5A-2 (2005.3).
  • Ruuska Heikki, 桐山伸也, 坂根 裕, 竹林洋一: 日本語版オープンマインドの検討, 情報処理学会第67回全国大会, 1J-6 (2005.3).
  • 高畠政実, 白木顕介, 黒木孝志, 坂根 裕, 竹林洋一: 空手の型の極意を学ぶための音楽フィードバックの利用, 情報処理学会インタラクション2005 インタラクティブ発表, pp.233-234 (2005.3).
  • 采 泰臣, 山本 剛, 坂根 裕, 秡川友宏, 竹林洋一: 講演者・聴講者の双方向コミュニケーションを可能とする視覚・聴覚情報保障ツールの提案, 情報処理学会インタラクション2005 インタラクティブ発表, pp.31-32 (2005.2).

2004

  • 竹林洋一, 塩見彰睦: ユビキタス社会の画像応用から見たセンシング技術への期待-マルチモーダル知識コンテンツで経済・社会を活性化-, 社団法人映像メディア学会技術報告, ITE Techincal Report Vol.28, No.31, pp.25-29 (2004).
  • 堀内裕晃, 木寺敦則, 桐山伸也, 竹林洋一: 英語のマルチモーダルコミュニケーション学習法についての考察, 中部言語学会第50回大会 (2004.12).
  • 白井正博, 天野竜太, 杉山岳弘, 坂根裕, 秡川友宏, 竹林洋一: ユニバーサルアクセスを考慮した家電操作マニュアルの検討, 映像情報メディア学会, ITE Technical Report Vol.28, No.73, pp.1-4 (2004.12).
  • 大関 毅, 宮内克巳, 青島大悟, 竹林洋一: 循環器系画像情報管理システムの構築と有効性評価, 情報処理学会研究報告 IPSJ SIG Technical Reports2004-IS-90, Vol.2004, No.116, pp.47-53 (2004.11).
  • 南 正名, 渡邉光章, 齋藤 望, 田森裕邦, 藤城卓己, 竹林洋一: 車載情報機器システムにおける情報流の視点からのマルチモーダルインタラクションの設計, 情報処理学会研究報告 IPSJ SIG Technical Reports2004-IS-90, Vol.2004, No.116, pp.55-62 (2004.11).
  • 藤城卓己, 西尾典洋, 木村英寛, 高橋由美子, 坂根 裕, 杉山岳弘, 竹林洋一: 双方向インターネット・ストリーミングを用いた遠隔地からのライブ出演を実現するコンサート支援システム, 情報処理学会情報システム研究報告, IPSJ SIG Technical Reports2004-IS-90, Vol.2004, No.116, pp.63-69 (2004.11).
  • 青島大悟, 大関 毅, 坂根 裕, 竹林洋一: マルチモーダル知識構築のためのセンサデータベース, HIS2004, pp.551-554 (2004.10).
  • 天野竜太, 星合 厚, 山本 剛, 坂根 裕, 竹林洋一: ユビキタス社会におけるアニメーションを含むマルチモーダル知識に関する検討, HIS2004, pp.1121-1124 (2004.10).
  • 堀内裕晃, 木寺敦則, 桐山伸也, 竹林洋一: 英語のマルチモーダルコミュニケーションを学習するための言語知識に関する検討, 教育システム情報学会研究報告『学習モデルの再考と知的学習支援システム』, vol.19, no.3, pp.23-30, (2004.9).
  • 大谷尚史, 山本 剛, 大関 毅, 坂根 裕, 竹林洋一: 複雑な手作業を支援するマルチモーダルコンテンツの構築と利用における音声インタフェースに関する検討, 音響学会 2004年秋季研究発表会, pp.151-152 (2004.9).
  • 田森裕邦, 坂根 裕, 秡川友宏, 竹林洋一: 運転者の位置を反映するミラーによる安全運転の支援, F!T2004, 第3分冊 pp.451-452 (2004.9).
  • 采 泰臣, 秡川友宏, 坂根 裕, 竹林洋一: 能動的把握を補助する視覚補償機器, F!T2004, 第3分冊 pp.577-580 (2004.9).
  • 安念克洋, 秡川友宏, 岡本 明(筑波技術短大), 河井良浩(産総研), 坂根 裕, 竹林洋一: 点訳機能を有する講演原稿受付システムによる手頃な点字資料作成方式の検討, F!T2004, 第3分冊, K-083, pp.583-584 (2004.9).
  • 采 泰臣, 安念克洋, 秡川友宏, 坂根 裕, 竹林洋一: プレゼンテーション画面の手頃な手元配信方式の検討, F!T2004, 第3分冊 pp.585-586 (2004.9).
  • 坂根 裕, 山本 剛, 秡川友宏, 竹林洋一: プレゼンツールのノート機能を利用した手頃な字幕提示システムの検討, F!T2004, 第3分冊 pp.587-588 (2004.9).
  • 吉滝幸世, 田森裕邦, 坂根 裕, 竹林洋一: サイクリスト支援のためのマルチモーダルナレッジとコミュニケーション環境のデザイン, 人工知能学会第18回全国大会, 1B3-05 (2004.6).
  • 白木顕介, 坂根 裕, 杉山岳弘, 竹林洋一: DJインタフェースを用いたクラブの音環境デザイン, 人工知能学会第18回全国大会, 2G1-02 (2004.6).
  • 大谷尚史, 藤城卓己, 坂根 裕, 竹林洋一: ユビキタスカメラと音声入力を利用した仕事中のマルチモーダル知識の収集と利用, 人工知能学会第18回全国大会, 1D1-03 (2004.6).
  • 安念克洋, 山本 剛, 天野竜太, 水谷文俊, 秡川友宏, 坂根 裕, 竹林洋一: さりげない役立ち情報の提示による居住者とのアット・ホームなインタラクション, 人工知能学会第18回全国大会, 2E1-01 (2004.6).
  • 木寺敦則, 桐山伸也, 堀内裕晃, 竹林洋一: 円滑なコミュニケーションスキル獲得のための英語教育支援システム, 人工知能学会第18回全国大会, 3E1-01 (2004.6).
  • 高畠政実, 青島大悟, 坂根 裕, 白井正博, 杉山岳弘, 竹林洋一: ユビキタスセンシング技術を用いた空手の試合における駆け引きの記録, 人工知能学会第18回全国大会, 2B1-01 (2004.6).
  • 大谷尚史, 藤城卓己, 坂根 裕, 竹林洋一: ユビキタスカメラと音声入力を利用した仕事中のマルチモーダル知識の収集と利用, 情報処理学会インタラクション2004, pp.89-90 インタラクティブ発表 (2004.3).
  • 木寺敦則, 桐山伸也, 堀内裕晃, 竹林洋一: 円滑なコミュニケーションスキルの獲得を目的としたマルチモーダル英語学習システム, 情報処理学会インタラクション2004, pp.213-214 インタラクティブ発表 (2004.3).
  • 采 泰臣, 白木顕介, 秡川友宏, 坂根 裕, 竹林洋一: WYGIWYS: 見えなくても, 感じさせます.- What You Get Is What You See -, 情報処理学会インタラクション2004, pp.233-234 インタラクティブ発表 (2004.3).

2003

  • 安念克洋, 秡川友宏, 竹林洋一: 家電連携フレームワークにおけるユニバーサルアクセスの試み, 映像情報メディア学会[メディア工学・コンシューマエレクトロニクス]合同研究会, ITE Technical Report Vol.27, No.68, pp.9-12 (2003.12).
  • 坂根 裕, 高畠政実, 大谷尚史, 竹林洋一: マルチモーダルセンシングによる空手の練習および試合モデルの検討, 情報学ワークショップ, pp.231-236 (2003.9).
  • 秡川友宏, 富樫 敦, 竹林洋一: リモートディスプレイフレームワークによる家電間連携の試み, 情報学ワークショップ2003論文集, pp.101-104 (2003.9).
  • 古屋裕章, 坂根 裕, 竹林洋一: 楽器演奏支援のためのウェアラブルインテリジェンスと音声対話, 電子情報通信学会ディジタル信号処理研究会, pp.47-52 (2003.9).
  • 木寺敦則, 桐山伸也, 堀内裕晃, 北澤茂良, 竹林洋一: マルチモーダル知識コンテンツを利用した英語コミュニケーションの学習支援, 情報処理学会ヒューマンインタフェース研究会, Vol.2003, No.94, pp.1-6 (2003.9).
  • 山本 剛, 坂根 裕, 竹林洋一: マルチモーダルヘッドセットを用いたうなずき検出と会話の重要箇所把握, 情報処理学会ヒューマンインタフェース研究会, Vol.2003, No.94, pp.13-19 (2003.9).
  • 白木顕介, 坂根 裕, 杉山岳弘, 竹林洋一: DJインタフェイスを利用した音響環境のデザイン, 情報処理学会ヒューマンインタフェース研究会, Vol.2003, No.94, pp.33-38 (2003.9).
  • 水谷文俊, 秡川友宏, 竹林洋一: 自然な健康管理のための食生活支援システムの構築, 情報科学技術フォーラム(FIT2003)論文集第3分冊, pp.477-478 (2003.9).
  • 木寺敦則, 桐山伸也, 堀内裕晃, 竹林洋一: 英語のコミュニケーションスキル獲得のためのマルチモーダル知識コンテンツの利用, 情報科学技術フォーラム(FIT2003), 論文集第4分冊, pp.399-401 (2003.9).
  • 荒井雄一, 竹林洋一, 杉山岳弘: “知識とノウハウ蓄積システムを活用した映像情報の収集・編集・発信を学習するための教材制作”, 情報処理学会情報教育シンポジウム論文集, Vol.2003, No.12, pp.233-240 (2003.8).
  • 坂根 裕, 高畠政実, 大谷尚史, 竹林洋一: ユビキタスセンシングによる格闘技の身体および心的モデルの検討, 情報処理学会 第1回ユビキタスコンピューティングシステム研究会(UBI), pp.65-72 (2003.4).
  • 秡川友宏, 富樫 敦, 竹林洋一: リモートディスプレイフレームワークによる家電間連携の試み, 情報学ワークショップ2003論文集, pp.101-104 (2003).
  • 金澤博史, 河村聡典, 竹林洋一: 競合MAP推定法を用いた話者・環境適応学習, 電子情報通信学会論文誌, VolJ86-D-Ⅱ, No.3 (2003).
  • 関原拓也, 坂根 裕, 杉山岳弘, 阿部圭一, 竹林洋一: ユビキタス情報環境下のコミュニケーション活性化システムの開発, 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会論文集(HIP), pp.19-24 (2003.3).
  • 坂根 裕, 高畠政実, 大谷尚史, 竹林洋一: マルチモーダルセンシング技術を用いた格闘技解析に関する実験, 情報処理学会インタラクション2003, pp.45-46 (2003.2).
  • 関原拓也, 杉山岳弘, 阿部圭一, 竹林洋一: マルチモーダルセンサ情報を用いたユビキタス情報場のコミュニケーション活性化, 情報処理学会インタラクション2003, pp.69-70 (2003.2).
  • 吉滝幸世, 坂根 裕, 杉山岳弘, 竹林洋一: サイクリングコミュニティ支援のためのマルチモーダルナレッジ, 情報処理学会インタラクション2003, pp.47-48 (2003.2).
  • 坂根 裕, 古屋裕章, 竹林洋一: ウェアラブルナレッジを用いた楽器演奏支援システム, 情報処理学会インタラクション2003, pp.203-204 (2003.2).
  • 山本 剛, 坂根 裕, 竹林洋一: ユビキタスミーティングからのマルチモーダル知識獲得に関する研究, 情報処理学会インタラクション2003, pp.73-74 (2003.2).
  • 西尾典洋, 谷沢智史, 森下博正, 杉山岳弘, 竹林洋一: “情報教育におけるFace-to-Faceコミュニケーションを基調とした学習環境の開発”, 情報処理学会インタラクション2003論文集, Vol.2003, No.7, pp.89-90 (2003.2).
  • 坪井宏之, 竹林洋一, 真鍋俊彦, 中山康子: 組織活性化支援のためのマルチモーダルナレッジの活用, 第79回情報システムと社会環境研究会 (2003).

2002

  • 三浦和人, 小林隆夫, 竹林洋一: ウェアラブルコンピュータとコンパニオンロボットによるBluetoothを利用した動画像通信とインタラクション, 情報処理学会第64回全国大会講演論文集, Vol.4-6, No.2, pp.103-104 (2002.3).
  • 金澤博史, 友田一郎, 岩崎淳一, 高畠由彰, 竹林洋一, 山本琢己, 新地秀昭: ユビキタス指向のBluetoothヘッドセットの開発と音声インタラクションの実現, 情報処理学会第64回全国大会, (2002.3).
  • 安部憲広, 大橋健, 竹田仰, 竹林洋一, 長嶋祐二, 松尾英明: マルチモーダルインタフェースの研究開発とその応用事例, ヒューマンインタフェース学会誌 論文特集解説, Vol.4, No.1, pp.35-39 (2002.2).
  • 金澤博史, 友田一郎, 高畠由彰, 竹林洋一: ユビキタス社会に向けたBluetoothヘッドセットの開発, 日本音響学会 2002年春季研究発表会講演論文集, 3-P-27, pp.219-220 (2002).
  • 竹林洋一, 鈴木 優, 岐津俊樹, 浦田耕二, 網 淳子, 宮澤隆幸, 金澤博史: ユビキタス環境における音声対話システムMKIDSの開発, 日本音響学会2002年春季研究発表会講演論文集, 2-5-13, pp.99-100 (2002).
  • 宮澤隆幸,岐津俊樹,鈴木 優,網 淳子,浦田耕二,竹林洋一: Bluetooth機器に映像・ナレッジをオンデマンドで配信するシステム, 情報処理学会インタラクション2002, pp.51-52 (2002.3).

 2001以前

  • 斎藤 健, 竹林洋一: Bluetoothなどのローカルネットワーク技術, 電子情報通信学会誌, Vol.84, No.11, pp.811-818 (2001.11).
  • 伊藤春彦, 竹林洋一, 菅原 勉, 大石 実, 一色正男: Bluetoothの技術動向と将来展望, 東芝レビュー 2001, Vol.56, No.4, pp.2-8 (2001).
  • 中山康子, 真鍋俊彦, 竹林洋一: 知識情報共有システムの開発と実践:知識ベースとノウハウベースの構築 (1998).
  • 舘森三慶, 瀬戸重宣, 金澤博史, 竹林洋一: 音声自由対話システムTOSBURGⅡにおけるデータ収集と評価, 情報処理学会研究報告, Vol.94, No.24, pp.33-39 (1994.3).
  • 金澤博史, 竹林洋一: EDR電子化辞書を用いた音声入力による知的文書作成支援システム, 情報処理学会第46回全国大会論文集, No.2 pp.243-244 (1993.3).
  • 永田仁史, 橋本秀樹, 竹林洋一: ワークステーション上でのソフト音声認識とその応用, 音声入出力機器の動作環境に関するシンポジウム, 92-SLP-3-7, pp.34-37 (1993.2).
  • 金澤博史, 知野哲朗, 河野恭之, 屋野武秀, 池田朋男, 鈴木 薫, 福井美佳, 真鍋俊彦, 竹林洋一: マルチモーダル秘書エージェントシステムの開発, 情報処理学会研究報告, 97-HI-74 (1997).
  • 中山康子, 真鍋俊彦, 竹林洋一: 知識情報共有システム(Advice/Help on Demand)の開発と実践 – オフィス知識ベースとノウハウベースの構築 -, インタラクション97論文集, 情報処理学会, pp.103-110 (1997).
  • 中山康子, 金澤博史, 竹林洋一: 情報の発信と共有を促進するマルチモーダル秘書エージェントシステム, 東芝レビュー, Vol.52, No.5, pp.25-28 (1997).
  • 坪井宏之, 竹林洋一, 橋本秀樹: キーワードスポッティングに基づく連続音声理解, 電子情報通信学会技術研究報告, SP91-95, pp.33-40 (1991.12).
  • 瀬戸重宣, 永田仁史, 山下泰樹, 竹林洋一: 実時間音声対話システムにおけるマルチモーダル応答, 第8回ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集 (1992.10).
  • 竹林洋一: マルチメディアによる計算機との対話, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.92, No.125-127, pp.15-22 (1992.6).
  • 山下泰樹, 瀬戸重宣, 坪井宏之, 竹林洋一: 自由発話による実時間音声対話システムTOSBURGの応答生成, 人工知能学会研究会資料SIG-HICG-9201 (1992.5).
  • 竹林洋一, 坪井宏之, 金澤博史, 貞本洋一, 山下泰樹, 永田仁史, 瀬戸重宣, 新地孝章, 橋本秀樹, 新地秀昭: 不特定話者音声対話システムTOSBURGの開発, 日本音響学会春季講演論文集, No.1-P-16, pp.135-136 (1992.3).
  • 竹林洋一, 坪井宏之, 金澤博史, 貞本洋一, 山本泰樹, 瀬戸重宣, 永田仁史, 新居孝章, 橋本秀樹, 新居秀昭: 実時間音声対話システムTOSBURGの開発(1)システム構成, 全国大会講演論文集, Vol.第44回平成4年前期, No.2, pp.153-154 (1992.2).
  • 竹林洋一, 金澤博史, 坪井宏之: 単語特徴ベクトルの部分抽出化によるキーワードスポッティング, 電子情報通信学会技術研究報告, SP91-104 (1992.1).
  • 竹林洋一, 永田仁史, 瀬戸重宣, 新地秀昭, 橋本秀樹: 音声自由対話システムTOSBURGⅡ — マルチモーダル応答と音声応答キャンセルの利用, 情報処理学会ヒューマンインタフェース研究会研究報告 第39回例会, 92-HI-45, Vol.92, No.89, pp93-100 (1992.11).
  • 坪井宏之, 橋本秀樹, 竹林洋一: 連続音声理解のためのキーワードラティスの解析, 日本音響学会講演論文集, 1-5-11, pp.21-22 (1991.10).
  • 金澤博史, 坪井宏之, 竹林洋一: 不要語を含む連続音声中からの単語検出, 電子情報通信学会技術研究報告, SP91-22 (1991).
  • 坪井宏之, 金澤博史, 竹林洋一: 音声認識研究用リアルタイム処理システムの開発, 信学技報, SP90-37, pp.23-28 (1990.8).