静岡大学竹林研究室Webページ

  • Takeshi Hashimoto,Satoru Kimura,Andras Rovid,Satoshi Tsuchiya,Yoichi Takebayashi:Muiti-camera Based Monitoring Approach to Support the Prediction of Landslides,IJCSN International Journal of Computer Science and Network,Volume 3,Issue 3,pp92-98,01 June 2014

  • 石川翔吾,榛葉智樹,桐山伸也,北澤茂良,竹林洋一:子育て支援のための行動理解コンテンツ制作手法,映像情報メディア学会論文誌,Vol.66, No.1, pp.J23-J29 (2012.1)

  • 石川翔吾,高林竜一,桐山伸也,北澤茂良,竹林洋一;三項関係の心的状況表現による幼児の社会的問題解決思考の発達分析,電子情報通信学会論文誌 A Vol.J94-A No.12 pp.1025-1037(2011.12)

  • Norihiro NISHIO, Yuki DEGUCHI, Takahiro SUGIYAMA, and Yoichi TAKEBAYASHI:Multi-Camera Shooting Support System for Novices in a Compact Studio,Advanced Materials Research,Vol.222 pp.329-332(2011.4) http://www.scientific.net/AMR.222.329

  • 桐山伸也,石川翔吾,北澤茂良,竹林洋一;CODOMO-viewer 複数の観点で発達を捉える行動コーパス観察システム,A viewer for Corpus-Oriented Development Observation from Multiple Objectives,チャイルド・サイエンス, vol.7, pp.44-49(2011.3)

  • Takeshi Ozeki, Masumi Ochi, Takahide Kohro, Aya Ebihara, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi, Katsu Takenaka, Ryozo Nagai, Yoshihiro Aizawa, Yoichi Takebayashi : Efficacy of the IHE Echocardiography Connectivity within Legacy Information Systems Environment, Japan Journal of Medical Informatics, Vol.29, No.6 2009

  • N.Otani,K.Fukui,Y.Sakane,Y.Takebayashi : A Video Knowledge Contentes Creation System for Enhancing On-site Handiwork Skill Acquisition , Information and Systems in Education,Vol.7,No.1 2008 pp.86-94(2009.3).

  • 石川翔吾,桐山伸也,大谷尚史, 北澤茂良,竹林洋一:マルチモーダル幼児行動コーパスに基づく指示表現の発達分析とモデル構築,チャイルド・サイエンス, vol.5, pp.68-72(2009.3).

  • 星合厚, 鈴木敦志, 坂根裕, 秡川友宏, 竹林洋一: サイクリングを楽しむ視覚障碍者のためのBGM生成による速度感の演出, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.12, pp.3772-3783 (2007.12).

  • 川上福司, 岡本知晃,北澤茂良,竹林洋一: 車内外音響インタラクションシステムの開発 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.12, pp.3836-3848 (2007.12).

  • 坂根裕, 織田修平, 秡川友宏, 竹林洋一: 多様な運用形態に適応する手頃な情報保障ツールの設計と実践 -聴覚情報保障を中心として-, 電子情報通信学会誌 D, Vol.J90-D, No.3, pp.683-692 (2007.3).

  • 桐山伸也, 木寺敦則, 堀内裕晃, 竹林洋一: マルチモーダル知識コンテンツを利用した英語コミュニケーション学習支援システム, 情報処理学会論文誌, Vol.46, No.3, pp.728-736 (2005.3).

  • 堀内裕晃, 木寺敦則, 桐山伸也, 竹林洋一: 知識コンテンツを利用した英語マルチモーダルコミュニケーション学習, Ars Linguistica (Linguistic Society of Shizuoka),Vol.11, pp.226-238 (2004.11).

  • S.Yoshitaki, Y.Sakane, Y.Takebayashi: New Cycling Environment Using Multimodal Knowledge and Ad-hoc Network, Special Issue on Human Communication, IEICE Transactions on Information and Systems, IEICE TRANCE. INF. & SYST., Vol.E87-D, No.6 pp.1377-1385(2004.6).

  • 金澤博史, 河村聡典, 竹林洋一: 競合MAP推定法を用いた話者・環境適応学習, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J86-D2, No.3, pp.388-396 (2003).

  • 中山康子, 真鍋俊彦, 竹林洋一: 知識情報共有システム(Advice/Help on Demand)の開発と実践, 知識ベースとノウハウベースの構築, 情報処理学会論文誌, Vol.39, No.5, pp.1186-1191 (1998.8).

  • 坪井宏之, 竹林洋一, 橋本秀樹: キーワードラティスLR解析による自由発話理解, 情報処理学会論文誌, Vol.38, No.2, pp.260-269 (1997).

  • S.Seto, H.Kanazawa, H.Shinchi, Y.Takebayashi: Spontaneous speech dialogue system TOSBURG II and its evaluation, Speech Communication, Vol.15, pp.341-353 (1994).

  • 金澤博史, クリス マエダ, 竹林洋一: 計算機との対話のための非言語音声の認識と合成, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J77-D-II, No.8, pp.1512-1521 (1994).

  • 永田仁史, デビット グリープス, 竹林洋一: 音声自由対話システムにおける音声応答キャンセル機能の実現, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J77-D-II, No.6, pp.1037-1047 (1994).

  • 竹林洋一, 金澤博史, 永田仁史, 瀬戸重宣: 不特定話者音声自由対話システムTOSBURG II ―マルチモーダル応答と音声応答キャンセルの利用, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J77-A, No.2, pp.241-250 (1994).

  • 土井美和子, 福井美佳, 山口浩二, 竹林洋一, 岩井勇: 文書構造抽出技法の開発, 電子情報通信学会論文誌, Vol.76-D-II, No.9, pp.2042-2052 (1993).

  • 金澤博史, 坪井宏之, 竹林洋一: 雑音下の連続音声中からのキーワード検出, 電子情報通信学会論文誌, Vol.76-D-II, No.3, pp.427-435 (1993).

  • Y.Takebayashi, H.Tsuboi, H.Kanazawa, Y.Sasamoto, H.Hashimoto, H.Shinchi: A real-time speech dialogue system using spontaneous speech understanding, IEICE Trans. Inf. & Syst., Vol.E76-D, No.1, pp.112-120 (1993).

  • Y.Takebayashi: Speech recognition based on the subspace method: AI class-description learning viewpoint, J. Acoust. Soc. Japan, Vol.13, No.6, pp.429-439 (1992).

  • 竹林洋一, 金澤博史: ワードスポッティングによる音声認識における雑音免疫学習, 電子情報通信学会論文誌, Vol.74-D-II, No.2, pp.121-129 (1991).

  • 竹林洋一, 稲川純, 城戸健一: 残差スペクトルによる複数経路を含む系の伝達関数の推定, 電子情報通信学会論文誌, Vol.63-A, No.9, pp.641-642 (1980).

  • 竹林洋一, 稲川純, 城戸健一: ケプストラムを用いた並列伝送路の伝達関数の推定, 電子情報通信学会論文誌, Vol.63-A, No.8, pp.528-530 (1980).

  • Y.Takebayashi, K.Kido: Effects of time window on the estimation of coherence function for the system with delay, J. Acoustic Society of Japan(E), Vol.1, No.1, pp.23-29 (1980).

  • 竹林洋一, 伊藤努, 城戸健一: 残響が長い系の伝達特性の測定, 日本音響学会, Vol.35, No.11, pp.595-601 (1979).